アクセスログ


・・・につて質問があったので説明します。(できるだけ

とりあえずアクセスログのとれるレンタルサーバーと契約しないと
ダメですね(Д

今自分が使ってるのは
http://podboy.jp/

ここです!無料でPHPやCGIなどがアップロードできる
Apacheサーバーです!

でも実際ココだとリアルタイムでアクセスログを見れませんΣ(Д
昨日のログしか見れないっぽい・・・。

こんなのがアクセスログ

d0210354_2144879.jpg


FFFTPってソフトでログインしてみると

こんな感じでログファイルがあります。
d0210354_21443362.jpg


まぁリアルタイムでアクセスログとれる無料のレンタルサーバーがあれば
いいんですけどね・・・。

他にやるとしたら自分で無理やり作るしかないですね(ω
こんな感じで・・・。
ってかメッチャ適当ですけど。

http://rskull.css1.jp/log/index.php

これが確認画面です。

このURLの最後に?log=とつけて、このあとに書き込みたい情報を付け加えると・・・
例えばこんな感じです。

http://rskull.css1.jp/log/index.php?log=123456

これでアクセスすると123456の部分が書き込まれます。
基本、確認するときは最初のURLです。

アップロードしておいたので、123456の部分変えたりしてやってみると
意味分かると思います。

動画で説明にあったhttp://localhost/のURLの部分をさっきのに変えてやります。。。。。

するとセッションIDやらリファラーやら書き込まれるとおもいまーす(ω)

ローカル環境で実験の意味はと言うと・・・
PHPという言語でサイトを作る場合、開発するためのソフトをPCにインストールしなくてな
なりません!このソフトの機能でアクセスログがあるだけです。
別にネット上でのアクセスログではなく、自分でアクセスしたログが記録されているだけです。

う~ん。。わかりにくくてすみません(Д;

とにかくローカル環境でテストは気にしなくていいです。。。

だいぶ説明が下手だったので、またわからないことコメしてください。

説明できるか保障できませんけどねww

では今日はこのへんでーーノシ
[PR]

by r-skull | 2010-12-18 22:22 | 攻撃・脆弱性